南部に不法投棄、男3人を逮捕!


南部町内船の残土処理場に公共工事で出た廃棄物を不法投棄したとして、県警と南部、南アルプス、鰍沢3署の合同捜査班が8日、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで男3人を逮捕。

南部町内船の建設業「皐月土建」の社員、望月修治容疑者(49)、同社社長、市川司容疑者(58)、身延町上之平の同社社員、吉田登容疑者(61)の3人。

2014年6月ごろ~2015年6月ごろまでに、山梨県と南部町から受注した同町内の公共工事5件で出たコンクリートなどの産業廃棄物約92トンを、同社が管理する残土処理場に不法に投棄した疑い。3人はいずれも容疑を否認。