甲府で還付金詐欺、200万円被害!


甲府市の50代の男性が8日、甲府市役所の職員を名乗る男に現金約200万円をだまし取られる。

7日午後2時前、甲府市役所健康保険課の職員を名乗る男から「過去5年分の医療費の還付金がある。期限は今月末までで、通帳とキャッシュカードを持ってATM(現金自動預払機)に行ってほしい」などと電話がある。

男性は近くのATMに行き、教えられた番号に電話をかけ、男の指示通りに操作したところ、現金199万8870円を振り込む。