ATM不正出金、県警が男4人逮捕!


2016年5月に山梨など17都府県の現金自動預払機(ATM)から18億円以上が一斉に引き出された事件で、山梨県警が10日、山梨県内で計391万円を引き出したとして、窃盗と不正作出支払い用カード電磁的記録供用の疑いで男4人を逮捕。

甲府市山宮町の無職、宮下治貴容疑者(32)、京都市左京区大枝東長町のトラック運転手、杉山翔平容疑者(27)、東京都渋谷区広尾1丁目の会社員、豊田智成容疑者(25)、東京都大田区鎌田1丁目の会社員、神山文貴容疑者(28)の4人。

2016年5月15日午前6~8時ごろ、甲府、甲斐両市のコンビニエンスストア5店に設置された銀行のATMで、偽造クレジットカードを使い現金計391万円を引き出した疑い。