有効求人倍率、23年ぶり1.3倍台


山梨労働局が3日、山梨県の労働市場の動きを発表。

1月の県内有効求人倍率(季節調整値)は1.33倍で12月より0.09ポイント上昇。1993年4月以来23年9カ月ぶりに1.3倍台に。

月間有効求人数は前月より10.4パーセント(1626人)増の1万7245人。3カ月ぶりに増加。1963年の統計開始以来最多に。

有効求職者数は前月より3.1パーセント(391人)増の1万3007人。4カ月ぶりの増加に。