卓球アジア選手権、平野美宇が優勝

卓球のアジア選手権第7日が15日、中国・無錫で開催。

女子シングルス決勝で平野美宇(17)(中央市出身、エリートアカデミー)は世界ランキング5位の陳夢(中国)にゲームカウント3-0のストレート勝ちし初優勝。日本勢で同種目優勝は1996年大会の小山ちれ以来。

準決勝は世界ランキング3位の朱雨玲(中国)にストレート勝ち。

平野は世界ランキング11位。2016年10月の女子ワールドカップ(アメリカ・フィラデルフィア)で初優勝、2017年1月の全日本選手権で最年少優勝している。