南ア完熟農園の住民監査請求棄却!


2016年1月に南アルプス市寺部の「南アルプス完熟農園」の運営会社が事業停止した問題で、債権者と一部の株主が、市が設置した問題の検証委員会が公平・中立性を欠くとして、金丸一元市長に委員会運営費(約100万円)の補てんを求めた住民監査請求で、市監査委員が21日、「第三者組織として機能した」として請求を棄却。

完熟農園の破産をめぐる住民監査請求は2回目で、2回とも請求が棄却される。