甲州市教委職員、飲酒運転で免職!

甲州市が24日、道路交通法違反(酒気帯び)の疑いで摘発された同市教育委員会の課長補佐を懲戒免職処分。

同市教育委員会生涯学習課の荻原宗課長補佐(59)。

10日夕方~夜10時ごろにかけて、長野県茅野市の居酒屋で酒を飲んだ後、甲州市内の自宅に帰ろうと軽乗用車を運転。山梨市内で燃料がなくなったため、車を道路脇に止めて歩いて帰宅する途中、警察官に職務質問され飲酒運転が発覚。書類送検される。

2011年にも飲酒運転で摘発され、停職6カ月の処分を受けていた。