マニラ県人殺人、岩間被告初公判!

フィリピンの首都マニラで、2014年10月に韮崎市の整骨院経営、鳥羽信介さん(当時32)が、翌2015年9月に鳥羽さんの知人で笛吹市の会社役員、中村達也さん(当時42)が銃で撃たれ殺害された事件で、殺人罪などに問われた笛吹市石和町の無職、岩間俊彦被告(43)の殺人を除いた詐欺などの罪の区分審理が11日、甲府地方裁判所で始まる。

共犯者が会社役員に就任したように法務局に虚偽の登記を届け出たり、共犯者を被保険者とする保険契約書類を本人の同意を得ずに作成し、1億円の死亡保険金を掛けたなど。

岩間被告は起訴内容を否認。判決は6月8日。

殺人罪については6月12日から裁判員裁判で審理。