大月で金融庁名乗る詐欺、50万被害

大月市の80代の女性が17日までに、金融庁の職員を名乗る男に現金50万円をだまし取られる。

16日午前10時半ごろ、金融庁の職員を名乗る男から「押収した名簿に名前がある。カードを凍結するのでカードを預かる。暗証番号を教えてほしい。職員が市内にいるのでカードを渡してほしい」などと電話がある。

女性は男の話を信じ、暗証番号を教え、自宅に訪れた男にキャッシュカード1枚を手渡す。口座から現金50万円が引き出される。