「共謀罪」法が成立、県関係3氏は?


犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が15日朝、参院本会議で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立。

犯罪実行後の処罰を原則とする日本の刑法体系が大きく変容へ。

県内の参院議員では、自民党の森屋宏氏(山梨選挙区)、赤池誠章氏(比例代表)が賛成。民主党の宮沢由佳氏(山梨選挙区)が反対。