県職員、知事印を不正使用で停職処分

LINEで送る
Pocket

山梨県が16日、知事印を不正に使用し、産業廃棄物の運搬に関わる許可証の交付手続きをしたとして、環境整備課の20代の男性主事を停職6カ月の懲戒処分。

2016年6月~2017年3月16日の間、業者から提出された許可申請や変更届を、上司の決裁などを受けずに勝手に知事印を押して許可証を交付したり、書き換えたりする。不正な事務処理は計439件。

3月16日に上司の聞き取りで不正が発覚。主事は発覚後の3月末から無断欠勤。同日付で依願退職。

管理監督責任で上司ら8人を訓戒や文書訓告、厳重注意処分。