都留暴行事件、新たに男女3人を逮捕


都留市内の少年(19)に暴行したとして少年を含む男2人が暴行容疑で逮捕された事件で、県警が1日、新たに男女3人を傷害致死容疑で逮捕。

同市小形山の無職、天野正弘容疑者(28)、同市小野の土木作業員、権守健太容疑者(22)、大月市の無職少女(18)の3人。逮捕者は5人に。

24日午後8時ごろ~同10時50分ごろに、逮捕された都留市の土木作業員の少年(19)宅で、被害者の少年に殴る蹴るの暴行を加え死亡させた疑い。

また、県警が同日、死亡した被害者の少年は都留市の無職、山口隆聖さん(19)だったと発表。