甲府・県立中央病院で輸血の医療ミス

甲府市富士見・県立中央病院で、交通事故で搬送された60代男性に異なる血液型の血液を輸血する医療ミスがあったことが明らかに。

男性は6月23日朝に救命救急センターに運ばれる。男性は約3時間後に死亡。

病院側は1日、医療ミスを認め謝罪。医療ミスが直接的な原因ではないとの認識を示す。