県立中央病院、睡眠導入剤を大量紛失

LINEで送る
Pocket

甲府市富士見・県立中央病院が5日、向精神薬に指定されている睡眠導入剤「ゾルピデム」約3万7000錠を紛失したと発表。

薬剤師が2日、6月30日に補充したゾルピデム500錠がなくなっていることに気付き、病院側が調査。2016年8月ごろから購入量が処方量を大きく上回っていることがわかり、約3万7000錠の紛失が発覚。甲府署が窃盗事件として捜査へ。