お盆中の中央道の渋滞予想が発表!


中日本高速道路が14日、お盆時期(8月5日~16日)の高速道路の渋滞予想を発表。

中央自動車道の下り線は8月11、12日、上り線は8月14日がピークと予想。県内の中央自動車道の10キロ以上の渋滞は、上り線は13回、下り線はなし。

中央自動車道で長い渋滞は下り線の相模湖インターチェンジ付近(神奈川県相模原市)を先頭に、5日午前7時ごろ最大約45キロ、11日午前6時ごろ最大約45キロ、12日午前7時ごろ最大約45キロ、13日午前7時ごろ最大約40キロ。

上り線は小仏トンネル(東京-神奈川)付近を先頭に、6日午後6時ごろ最大約30キロ、13日午後7時ごろ最大約30キロ、14日午後7時ごろ最大約30キロ、15日午後5時ごろ最大約30キロ。