甲府舞鶴城公園トイレ放火で男起訴!


7月11日に甲府市丸の内1丁目の舞鶴城公園の公衆トイレに男が放火した事件で、甲府地方検察庁が31日、非現住建造物等放火の罪で住居不定の無職、鈴木収被告(49)を起訴。

11日午前4時25分ごろ、木造平屋建ての公衆トイレで、木製ベンチに接する壁に灯油をまき、ベンチに新聞紙などを入れたバッグを置いて火を付ける。壁や屋根など67平方メートルを焼く。