南ア・製材工場死亡事故で書類送検!

2015年6月に南アルプス市桃園の製材工場でトラックの荷台から丸太を降ろす作業をしていた男性(当時73)が丸太の下敷きになって死亡した事故で、甲府労働基準監督署が3日、労働安全衛生法違反の疑いで同市飯野の「内田材木店」の女性経営者(77)と男性現場責任者(50)を書類送検。

安全に作業を行うための作業計画の策定を怠ったとして。