山梨市の望月市長逮捕!職員採用不正


山梨市の職員の採用試験をめぐり虚偽の書類を作成したなどとして、警視庁が7日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで市長の望月清賢容疑者(70)を逮捕。

2016年の市職員の採用試験で、特定の受験者に対し試験の点数を水増しして、虚偽の書類を作成したなどの疑い。容疑を認める。山梨市議を3期、山梨県議を4期務め、2014年2月の市長選に立候補して初当選。

6月には、架空の投資話で現金をだまし取ったとして、経営していた石材会社「差出石材」を引き継いで社長を務めていた元妻の望月治美容疑者(61)が詐欺の疑いで逮捕されている。