職員不正採用で山梨市役所を家宅捜索

LINEで送る
Pocket

山梨市の職員の採用試験をめぐり虚偽の書類を作成したなどとして、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで市長の望月清賢容疑者(70)が逮捕された事件で、警視庁捜査2課が8日、山梨市役所の市長室や副市長室などを家宅捜索。

市長室のパソコンや職員採用に関する書類などを押収。市は同日、飯島尚敏副市長を市長の職務代理者とすることを決める。