前山梨市長再逮捕、大和中校長ら贈賄

山梨市の職員不正採用事件で、警視庁捜査2課が21日、収賄の疑いで前市長、望月清賢容疑者(70)を再逮捕。

また、贈賄の疑いで同市上岩下の甲州市立大和中学校校長、萩原英男容疑者(57)、同市市川の元山梨市収入役で住職、滝沢博道容疑者(73)を逮捕。

2月上旬、2016年に実施された山梨市職員の採用試験で、萩原容疑者の息子が合格できるよう便宜を図った見返りに、萩原容疑者らから現金80万円を受け取った疑い。滝沢容疑者が仲介。萩原容疑者の息子は採用される。望月容疑者は容疑を認める。

既に7日、2016年の職員採用試験で、特定の受験者に対し試験の点数を水増したなどとして、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕され、13日に辞職している。