NHK元記者、公判前手続きでも否認

山梨、山形両県で当時20代の女性3人の自宅に侵入し乱暴したとして、強姦致傷罪などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者、弦本康孝被告(29)の第1回公判前整理手続きが8日、山形地方裁判所で行われる。

弦本被告は、現在も起訴内容を否認し、無罪を主張している。次回は10月30日。