飲酒運転19歳消防士の車に巡査同乗

10日に山梨市の国道411号で飲酒運転したとして、道路交通法違反(酒気帯び)の疑いで東山梨消防本部の消防士の少年(19)が現行犯逮捕された事件で、県警察学校初任科の巡査の少年が一緒に飲酒し、事故前に同乗していたことが分かる。

2人は同級生。未成年で飲酒した上、巡査は消防士の飲酒運転を承知で同乗し自宅まで送ってもらう。消防士はその直後に事故を起こす。

県警は巡査の処分を検討へ。