覚せい剤所持の元忍野村議に求刑!

覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の罪に問われた忍野村内野の元忍野村議、後藤政行被告(66)の初公判が14日、甲府地方裁判所で開廷。

7月11日に笛吹市石和町内の駐車場に止めた乗用車内に覚せい剤の粉末を所持、また同日に自宅敷地内の事務所に粉末を所持。被告は起訴内容を認める。

検察側は懲役1年6カ月を求刑。判決は28日。