贈賄の元中学校長と元収入役を保釈!

山梨市の職員採用をめぐる汚職事件で、前市長の望月清賢被告に現金を渡したとして、贈賄罪で起訴された甲州市立大和中学校の元校長、萩原英男被告(57)と、元山梨市収入役で住職、瀧沢博道被告(73)が15日、保釈される。

保釈保証金200万円。両被告は同日夜にそれぞれ同市の自宅に戻る。