飲酒運転の19歳消防士、懲戒免職!

東山梨消防本部が25日、道路交通法違反(酒気帯び)の疑いで逮捕された男性職員を懲戒免職処分。

同消防本部総務課の消防士の少年(19)。

10日に山梨市一町田中の国道411号で酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、道路沿いの建物の壁に衝突する事故を起こし飲酒運転が発覚。また、管理監督責任で総務課長を文書訓告、同課長補佐を厳重注意処分。

事故前に県警察学校初任科の巡査の少年が一緒に飲酒し、同乗していたことが分かっている。