甲府舞鶴城トイレ放火、男に実刑判決

7月に甲府市丸の内1丁目の舞鶴城公園の公衆トイレが放火された事件で、甲府地方裁判所が28日、非現住建造物等放火の罪に問われた住居不定の無職、鈴木収被告(49)に懲役5年の実刑判決。

検察側は懲役6年を求刑していた。