峡東で毒キノコ食べ3人が食中毒!

山梨県が2日、峡東地域の50代と20代の男女3人が毒キノコを食べて食中毒になったと発表。

3人は家族で、1日に1人が峡北地域の山でキノコを採り持ち帰り、調理して食べたところ、吐き気などの症状を訴える。毒キノコの「クサウラベニタケ」とみられる。

今年の県内での集団食中毒発生は10件に。