県内で登山者の滑落や転倒が相次ぐ!

山梨県内で8日、登山者の滑落や転倒が相次ぐ。

南アルプス・北岳(3193メートル)で8日午後1時ごろ、滑落事故が発生。標高約2800メートルの八本歯のコル付近で男性が岩場に転落。9日朝、県の防災ヘリコプターが救助したが死亡が確認される。長野県飯田市の団体職員、牧野康剛さん(62)。

また、8日午後2時ごろには、南アルプス・白鳳峠の登山道で兵庫県西宮市の男性(60)が滑落。右鎖骨を折るなど重傷。

さらに、甲州市塩山上萩原の大菩薩嶺の登山道で8日午後3時40分ごろ、東京都品川区の女性(44)が岩場に転倒。右足首の骨を折る重傷。