3市で窃盗の男を起訴&少年を家裁送致


甲府地方検察庁が14日、甲斐、韮崎、南アルプスの3市の飲食店や温泉施設で金銭を盗んだなどとして、窃盗、窃盗未遂、建造物侵入の罪で住居不定の無職、中沢拓斗容疑者(20)を起訴。また、同容疑で逮捕された東京都練馬区の無職少年(19)を家庭裁判所へ送致。共謀し、10月4日午前4時40分ごろ、甲斐市竜地の飲食店に侵入し現金約19万7650円やレジなど8点(計202万400円相当)を盗む。同3日午前4時~同10分ごろ、韮崎市内の温泉施設から現金7万円入りの金庫を盗む。

スポンサーリンク