笹子トンネル事故で県警が遺族に説明


2012年12月に9人が死亡した中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故で、山梨県警が22日、神奈川県横浜市内で遺族に捜査状況を説明。県警は業務上過失致死容疑で告訴されている中日本高速道路(愛知県名古屋市)などの当時の役員4人と、保全管理の責任者ら数人を今月中に甲府地方検察庁へ書類送検する方針を伝える。

スポンサーリンク