都留暴行死事件、男に懲役6年の実刑判決!


6月に都留市で無職の山口隆聖さん(当時19)が暴行を受け死亡した事件の裁判員裁判で、甲府地方裁判所が27日、傷害致死罪に問われた大月市七保町下和田の無職、知見和夫被告(27)に懲役6年の実刑判決。検察側は懲役8年を求刑していた。共犯で同罪に問われた同市小形山の無職、天野正弘被告(28)の裁判は11月2日に行われ、懲役9年の実刑判決が言い渡されたが、これを不服として控訴している。

スポンサーリンク