山梨県、飲酒運転の女性職員を懲戒免職!


山梨県が28日、道路交通法違反(酒気帯び)の疑いで摘発された女性職員を懲戒免職処分。衛生薬務課の鈴木妙子主任(37)。管理監督責任として同課長を口頭訓告処分。10月12日夜、甲州市や甲府市の飲食店で飲酒した後、乗用車を運転。甲斐市内の道路脇のフェンスに衝突する事故を起こして飲酒運転が発覚。

スポンサーリンク