中北、峡東、峡北でインフル注意報入り


山梨県が9日、中北保健所、峡東保健所、中北保健所峡北支所管内のインフルエンザが注意報レベルに入ったと発表。2017年12月25~31日の定点医療機関あたりの患者数が中北で25.0人、峡東で16.7人、峡北で10.6人となり、基準である10.00人を超える。既に、富士・東部保健所管内は前週(12月18~24日)に注意報レベルに入っている。

スポンサーリンク