サッカー東京五輪代表の保坂司氏が死去


1964年の東京オリンピックのサッカー日本代表で、元県議会議長の保坂司(ほさか・つかさ)氏が21日、病気のため県立中央病院で死去。80歳。1979年の県議選で初当選。4期務める。第92代議長に就任。県サッカー協会会長、自民党県連総務会長なども務める。

スポンサーリンク