平昌五輪スケート、県勢郷8位入賞!


平昌冬季オリンピック第10日の18日、スピードスケート女子500メートルで、県勢の郷亜里砂(30)(山梨学院大出身、イヨテツク)は37秒67で8位に入賞。日本勢は、小平奈緒(31)(相沢病院)が36秒94のオリンピック新記録で金メダルを獲得。スピードスケートで日本女子が金メダルを獲得したのは史上初。オリンピックの同種目で日本勢がメダルを取ったのは、1998年の長野オリンピックで銅メダルを獲得した岡崎朋美(当時富士急)以来に。

スポンサーリンク