韮崎死傷事故、危険ドラッグで男逮捕!


2017年5月に韮崎市本町1丁目の国道20号で乗用車など3台が衝突して3人が死傷した事故で、県警と韮崎署が4日、医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで乗用車を運転していた甲府市湯村1丁目の土木作業員、川村心容疑者(27)を逮捕。事故当時、車内に危険ドラッグを所持していた。容疑を認める。事故は、2017年5月9日午後4時50分ごろ、暴走する川村容疑者の乗用車が前方のトラックに追突。弾みでトラックは対向車線にはみ出すなどして軽乗用車に衝突。軽乗用車を運転していた韮崎市の男性(当時32)が死亡、トラックを運転していた男性(当時48)が軽いケガを負う。川村容疑者も一時、意識不明の重体となっていた。危険ドラッグを使って事故を起こした疑いもあるとみて捜査へ。

スポンサーリンク