危険ドラッグ所持で甲斐の兄も逮捕!


危険ドラッグを所持していたとして、韮崎署と県警組織犯罪対策課が5日、医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで甲斐市大垈の解体作業員、川村優容疑者(36)を逮捕。2017年5月上旬、甲斐市大垈の自宅で指定薬物を含むだ危険ドラッグを所持していた疑い。容疑を認める。
川村優容疑者は、2017年5月に韮崎市本町1丁目の国道20号で乗用車など3台が衝突して3人が死傷した事故で、乗用車内に危険ドラッグを所持していたとして逮捕された甲府市湯村1丁目の土木作業員、川村心容疑者(27)の兄。心容疑者が「危険ドラッグは兄の家から手に入れた」などと供述したことから判明。

スポンサーリンク