ラグビーW杯、県内2市町キャンプ地内定


2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会が20日、出場20チームが1次リーグで使用する公認キャンプ地について、22都道府県の59自治体、52件が内定したと発表。山梨県は富士吉田市と富士河口湖町で、フランス代表を受け入れる。日本代表は東京都内の2カ所と静岡県浜松市に。

スポンサーリンク