山梨の子どもは9万9000人


総務省が4日、こどもの日にちなんで4月1日現在の子どもの数(15歳未満人口)の推計を発表。前年に比べ17万人少ない1553万人で過去最低。1982年(昭和57年)以来、37年連続の減少。総人口に占める子どもの割合は12.3パーセントで過去最低を更新。44年連続の低下。山梨県の子どもの数は9万9000人で、前年に比べ2000人少ない。総人口に占める子どもの割合は、山梨県は12.0パーセントで全国33番目に高い。沖縄県が17.1パーセントで最も高く、秋田県が10.1パーセントで最も低い。

スポンサーリンク