南アで息子にインスリン投与、母親逮捕!


息子にインスリンを投与して殺害しようとしたとして、県警と南アルプス署が10日、殺人未遂の疑いで南アルプス市曲輪田の無職、萩原恭子容疑者(47)を逮捕。2017年1月下旬に自宅で当時10代の次男に血糖値を下げる効果のあるインスリンを注射し、殺害しようとした疑い。萩原被告は容疑を否認。

スポンサーリンク