送検の韮崎市議、政倫審が辞職勧告相当


甲府市内の管理地に約7トンの産業廃棄物を埋めたとして、韮崎市の輿石賢一市議が廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで書類送検された事件を受け、韮崎市議会が20日、政治倫理規定に基づく審査会を開催。辞職勧告が相当とする結論を全会一致でまとめる。近く市議会の全員協議会を開き、対応を決定へ。

スポンサーリンク