大月に木質バイオマス発電所が完成!

大手ゼネコンの大林組(東京都)グループが大月市笹子町白野に建設を進めていた木質バイオマス発電所「大月バイオマス発電」が完成し21日、開所式。民有地約1万9300平方メートルに建設。木質チップを燃やして発電。年間発電量は一般家庭約3万世帯分で、約1万4500キロワットを見込む。全量を東京電力に売電。総事業費100億円。11月以降から営業運転を開始予定。

スポンサーリンク