調査員が立入証を紛失!県が注意呼びかけ


山梨県が22日、県から委託を受けた住宅・土地統計調査員が立入検査証を紛失したと発表。21日午後、調査員1人が担当する甲府市内の家屋を事前確認し、自宅に帰宅した際に紛失に気付く。立入検査証は調査員の氏名、生年月日、顔写真などが記載されているほか、総務省の公印が押されている。県は悪用される恐れがあるとして注意を呼びかける。

スポンサーリンク