富士・東部で毒キノコ食べ女性が食中毒!


山梨県が28日、富士・東部保健所管内の60代の女性が毒キノコを食べて食中毒になったと発表。23日正午ごろ、家族が採取した野生キノコを調理して食べたところ、下痢やおう吐などの症状を訴える。毒キノコの「タマゴタケモドキ」とみられる。タマゴタケモドキによる食中毒は県内初。今年の県内での食中毒発生は9件に。

スポンサーリンク