富士山噴火想定し県と地元が図上訓練!


山梨県が3日、甲府・県防災新館で富士山の山梨県側斜面で大規模噴火が起こったことを想定して図上訓練。県や周辺市町村の担当者ら約270人が参加。11月には、県と地元市町村が住民参加の避難訓練(実動訓練)を実施予定。

スポンサーリンク