富士山登山者、山梨県側20万人割れ!


富士吉田市が11日、富士山の今年の夏山シーズン中の登山者数を発表。7月1日~9月10日までに山梨県側から19万6674人が登る。昨年より2万7126人減る。悪天候な日と週末が重なったことやスバルラインの通行止めが相次いだことが要因とみられる。弾丸登山とみられる登山者数は1万4067人。2017年度から安全対策として始めたヘルメットの貸し出しは、今夏は2166個で大幅に増加。

スポンサーリンク