県議会の白壁議長が辞職願!慣例が続く!


山梨県議会の白壁賢一議長が12日、久保田松幸副議長に議長の辞職願を提出。19日に開会する9月定例県議会の本会議で辞職を許可した上で、議長選へ。白壁氏は2017年12月に議長に就任。約9カ月で交代に。白壁氏と同じ最大会派・自民党誠心会の河西敏郎氏(中央市)(3期目)が議長選に立候補する意向を示し、選出される公算が大きい。当選3回の未経験者が交代で議長を務める「たらいまわし慣例」が続く。

スポンサーリンク