強制わいせつ、甲府の元消防士に有罪判決


5月に甲府市の路上で元消防士の男が3人の女性に背後から抱きつくなどした事件で、甲府地方裁判所が13日、強制わいせつの罪に問われた甲府地区消防本部南消防署田富出張所の元副士長で、山梨市の無職、辻輝龍被告(26)に懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の有罪判決。検察側は懲役3年を求刑していた。

スポンサーリンク