南アで架空請求詐欺、430万円被害!


南アルプス市の70代の女性が14日までに、外国通貨購入をめぐる架空請求で現金430万円をだまし取られる。3日に大手証券会社の社員を名乗る男から「外国通貨を購入するので、名義を貸してほしい」などと電話があり、女性は了承する。数日後、別の会社の社員を名乗る男から「名義貸しは犯罪。あなたが外国通貨を購ったことにすれば逮捕されない。手続きに430万円を用意してほしい」などと電話がある。女性は現金430万円を用意。12日に男から電話があり、女性は自宅を訪れた男に現金を手渡す。

スポンサーリンク