富士山に登山鉄道、山梨県が検討会設置へ


9月定例県議会の25日の代表質問で、後藤知事が富士山のふもとから5合目までを鉄道でつなぐ登山鉄道の整備の可否を探るため、庁内に検討会を設けることを明らかに。同整備については、2015年に富士五湖観光連盟の検討会が新たに整備すべきだとする提言をまとめている。富士山有料道路(富士スバルライン)を利用し、車から鉄道にすることで、登山者数のコントロールや環境保全に期待。

スポンサーリンク